Make your own free website on Tripod.com









開設 1997/10/4
改訂 1997/12/8
移設 1999/4/29

×  ×  ×

推奨ブラウザ
Netscape 2.02以上
MS IE3.0以上


銀幕のいぶし銀・第123回

『どろろ』

(2007年・138分)

監督:塩田明彦
出演:妻夫木聡、柴咲コウ、原田美枝子、中村嘉葎雄、中井貴一

--------   --------   --------

 昨年の映画界は、全般的に洋画が今ひとつな状況だったのに対し、日本映画は観客動員数や話題性において文字通り絶好調であった。ほんの数年前まで日本映画と言えば、作品クオリティはともかく話題性や人気の面でどうしてもハリウッドメジャーやヨーロッパ映画に劣る場面が多々あったのだが、そんな状況は今では全く過去の物となったかのように、シネコンに来る観客が普通に日本映画を見るようになっているし、ヒットした日本映画の話題が普通に世の中で流布している状態である。これは、作品個々のクオリティの高さだけの問題ではなく、映画を総合的にプロデュースする能力が近年飛躍的に高まっていることを示しているといえる。大型作品については、製作に対応して話題性を次々作り出していき、強力な宣伝力で持ち上げていく一方、規模はそれなりでも良質な作品についてはそれにふさわしいやり方の宣伝展開・公開方法が確立され、相応の観客をつかんでいく方法論が構築されてきたのである。このように日本映画を取り巻く環境が大きく変化して来た中、その波にうまく乗って作品を発表してきたのが今回取り上げる『どろろ』の塩田明彦監督なのである。


 塩田監督は一般には『黄泉がえり』の大ヒットで一躍脚光を浴びた監督であるが、一方『カナリア』など小規模ならではのとんがった作品も積極的に作ってきている。製作体制や規模に応じて柔軟に対応できる能力がある一方、どの作品においても一貫したテーマ性を持って取り組むだけの、映画人としての真摯さを合わせ持っている。それは一言で言うなら、繊細な人物描写に基づくキャラクター構築、こういうと基本的な話であるが、今これを実践できている映画人が実際どれほどいるのかと思うくらいにこれは難しく重要なテーマなのである。『どろろ』においては、それは妻夫木聡の素晴らしい人物像に集約されており、妻夫木演じる百鬼丸は、世を捨てて不自由な自分の体を操りながら妖怪を倒していくという、原作をご存知の方ならお分かりのように相当難しい人物設定である。それを、眠狂四郎よろしくニヒルでクールな人物像に見事に昇華しているのだが、妻夫木本人の演技もさることながらこれはまさに塩田演出の真骨頂をかいま見る事になるのだ。孤独で世の中から外れた人物像といえば、塩田の代表作『害虫』の宮崎あおいを例にするまでもなく、彼の作品に何度となく登場するキャラクターであり、『どろろ』はそんな孤独な人物像を素晴らしくスクリーンに定着できたという点で日本映画のヒーロー像の歴史に名を連ねたといえよう。





[ 銀幕のいぶし銀:目次 ]

Since 1997/10/4 - - - - - - by Hiroya YABE